薬膳な酒肴ブログ~ゆりぽむの今宵も酔い宵。

国際中医薬膳師&利酒師が綴るレシピ数1000以上の薬膳的酒肴ブログです。

スパイス薬膳 ~ スリランカカレーとおばんざい。

2年前の引越を機にテレビを処分いたしまして、テレビの無い生活を送っております。
テレビがあった時も殆ど番組を観る事が無かった事や、パソコン派と言う事もあってネット配信などニュースにも困らず、番組も見たいものだけ選んで見ている生活だった事から、いっそ無い方が清々しいわ。なんて事を思っての事でした。

けど、たまーにリアルタイムで番組が観たい!なんて事を思う時もあったりします。
実は昨日がそうでした。

私の大好きな某ケンミン番組が関西特集でしかも

大阪のカレー特集

を行っていたからです(笑)
ま、ちょっと時間を置けば番組サイトの見逃し配信などで見る事が出来るので時間差で見る事が出来たので良しと致しました。


こんにちは!
当ブログにお越し下さりありがとうございます♪
フードコーディネーター&国際中医薬膳師のゆりぽむです。

2012年にご縁があってハウス食品さんのスパイス大使として活動する様になってから、スパイスを通しての世界がぐっと広がりました。
スパイス料理の代表格といえば何と言っても「カレー」と言う事になるのですが、そのカレーにも様々なジャンルがある事を知ったのも当時からでした。
特に「南インド料理」「スリランカカレー(料理)」に出会った事で、一気に私のカレーなる生活が変わっていきました。


e0192461_14292766.jpg
これは自宅で作ったスリランカ料理プレートです


そして、私の「初スリランカカレー」体験は5年前の2013年に頂いたこちらです。
続きで料理の説明などと共に紹介していきますので良かったらご覧下さいね。


ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m





こちらが5年前にお店で頂いたスリランカカレーです。


e0192461_13553602.jpg
これを食べにいった時のきっかけが情報番組を観た事でした。
どんなのだろう?食べて見たい!とムクムクと沸きおこり、近いうちに近いうちに…と思いながらやっとの訪問でした。

事前に情報番組などでスリランカカレーなるもののビジュアルは見て知っていたのですが、ビジュアルを知らずに「スリランカカレー」とだけ名前を聞いて注文してたらかなり驚きがあったかもしれません。

ご飯の周囲にスパイスとココナッツを使った色とりどりの野菜の炒め物や和え物、ピクルスなどの副菜や豆カレーが配置されご飯の上にはメインの「カレー」(肉、魚などから選べます)が乗っています。そしてプレートとは別にスープ系の汁カレーなどを添えたりする事もあります。
カレーに使われるスパイスは、カレーリーフやランペ(パンダンリーフ)などの葉を乾燥させたものを一緒に粉にするのも特徴、インドカレーとはまた違う風味があります。

野菜の副菜はココナッツファインが使われているものが多いのですが、ここに辛みも入ってきて結構な辛さのものも存在しますが、甘味、酸味、塩味、辛み…などが実にバランス良く配置されているんです。

で、肝心の食べ方なんですが、お店によっては

いきなり全部混ぜて下さい

ととても強烈にお勧めしてくるお店もあるのですが(ちなみに某ケンミン番組ではいきなり混ぜ混ぜ系でしたよ)、基本は…単体でそれぞれのテイストを楽しみ、そしてメインのカレーや汁カレーなどがあればそれをご飯と合わせて食べ、さらに副菜などを少しずつ合わせながら食べ進めて行きます。

単品から複数への味わい

と、組み合わせを楽しみ、最終的には全部混ざりあった複雑なハーモニーを味わうのがお勧めかなと思います。

最終形態としてはこんな感じになってきます。

e0192461_14070641.jpg
塩味酸味甘味などが混ざりそれが口の中で旨味の相乗効果が生まれます。
単体で味わい、2種、3種…と掛け合わせを増やしていく毎に、その相乗効果の妙を楽しむ事が出来るんです。

ただ食べ方についてはこれも好みがありますので、一概にこうしろああしろと言うものではありませんし、好きな様に食べるのが一番とは思います(^^)

スリランカカレー(料理)の特徴は、メインとなるカレー以外の副菜がとても豊かである事だと、当時口にした時に思いました。
で、ふと思ったのが日本食です。

日本食も副菜があれこれ多い献立じゃないかと思うんです。もちろん丼ものなども存在しますが、幕の内弁当や会席などもそうですし、なによりも

京都のおばんざい

が、私の中には浮かびました。
おばんざいと言うのは、諸説定義はありますが「京都の一般家庭で作られてきたお総菜の総称であり京都の日常的な家庭料理」という感じで下の写真の様なお総菜の数々です。


e0192461_14135359.jpg
京都大学おばんざい研究会チームで作ったおばんざい達 私も作りました♪(2013年度)

e0192461_14143126.jpg
京都大学おばんざい研究会に出品されたおばんざいの数々(2017年度)


たとえばこのおばんざい達をご飯と食べる…と言う事になると、先述のスリランカ料理とさほど変わらないスタイルだと思うんです。
混ぜ混ぜするか否かは別として。

と言う事でワンプレートに盛った「おばんざいとご飯」がこちら。

e0192461_14255228.jpg
問題はスリランカ料理の様にメインとなるカレー的存在が無いというか作ってなかったので、副菜があれこれ取り囲む形になりましたが、例えば肉じゃがなどをメインに配置してボリュームを付けても良いのかと思います。

そしてスリランカカレーというかスリランカ料理プレートがこちら

e0192461_14274702.jpg
私はご飯が見えなくなるパターンがちょっと苦手なのと、一気に混ぜ混ぜはしないので、中央にカレーはかけずに横に添える感じにしています。メインのカレーは4時の方向あたりにあるやつで、豚と冬瓜を使ったカレーです。


上のおばんざいの写真とこれとって何か見た目があまり変わらない気がします。
味は全然違うんですけどね。
おばんざい達は出汁を使った日本の料理ですが、スリランカ料理はスパイスや唐辛子を使ってありココナッツが使われた料理というのも特徴、そして見た目よりも実は辛い。

あ、ちなみにスリランカ料理には、日本で言う所の鰹節的なものや煮干し的なものが存在しており、出汁を取る目的というよりは、素材ごと料理して食べるといった方が良いかもしれません。
そういう意味でも何となく日本人の口に合う部分があるかもしれないなぁと思ったりもしております。



e0192461_14292766.jpg
こちらも同様でメインのカレーは正面で魚カレーにしています。汁気はほぼありません。
時々手食(手で食べる)するのですが、魚カレーの時は手を洗っても洗っても洗っても…においがなかなか抜けずに困り果てました。
外出予定がなかったので助かりましたが…^^;

そしてお手軽にこういう感じで、汁気のあるカレーにしちゃう時もあります。

e0192461_14313500.jpg

複数のおかずが色々と言う点で、栄養バランスも摂りやすい事や、旬食材をあれこれ取り入れるという点で、おばんざいもスリランカ料理も私にはぴったり、かつ、薬膳の献立としても組み立てやすいのがGOOD♪


ココナッツは薬膳料理のメインで使う事はそんなには無いものですが、薬膳素材との相性はとても良くスイーツなどにも用いられます。
効能としては、気を補い、脾胃を健やかにし、また潤いチャージ食材でもあるので女性にも嬉しい食材です。

日々の献立の中に上手に取り入れたい食材の1つですが、なかなかスイーツ以外でと考えると難しいものがあったのですが、スリランカ料理との出会いは私にとっては

ココナッツを料理に取り入れる絶好のチャンス!

となりました。
今回はカレー的なプレートを使って紹介しているので、カレーと野菜の和え物や炒め物などの副菜達で構成しておりますが、この他にもコロッケなどの揚げ物や米料理、小麦料理等々色々な料理が存在しています。
機会があればまたそれらも紹介出来たらな~と思います(^^)


そして9月の薬膳講座のご案内です♪




~ 9月薬膳講座開催お知らせ ~

9月19日(水曜日)は薬膳カフェ「巡りごはんいろは」様にて、秋の養生をテーマに第3回目の講座を開催させて頂きます。
季節は秋に移り変わり過ごしやすくなってきました。
そして秋は乾燥のシーズン…体の中から潤いチャージして乾燥対策をしていきましょう。

秋の養生法とこの季節や体調に合った食材とレシピの紹介をさせて頂きます。
前回に引き続き今回も、薬膳パンと薬膳ジャムの試食付です♪

写真は前回の夏の養生でお出ししたパン2種です。

e0192461_12203064.jpg
トマトとパプリカのパンと、桃とさくらんぼを使ったパンでした♪

e0192461_12211246.jpg
前回講座の様子はこちらからご覧下さいね。






ご興味ございましたらぜひご参加下さいませ♪
下記より受付を行っておりますのでよろしくお願いいたします。



 

 ■お申込み・問い合わせ (講座名欄には「薬膳と暮らしの素敵な関係」とご入力下さい)

皆様のご参加をお待ちしております♪









ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)mこちらもよろしくお願いしますm(_ _)m にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村




トラックバックURL : https://yuripom.exblog.jp/tb/27548626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yuri-pom | 2018-09-14 14:57 | スパイス薬膳 | Trackback | Comments(0)