薬膳な酒肴ブログ~ゆりぽむの今宵も酔い宵。

国際中医薬膳師&利酒師が綴るレシピ数1000以上の薬膳的酒肴ブログです。

孤独の点心 ~ サクサクが癖になる葱花餅。

こんにちは!
当ブログにお越し下さりありがとうございます♪
フードコーディネーター&国際中医薬膳師のゆりぽむです。

この所連続して餃子の皮を作る様になっているので、残った生地を麺化する事も多いのですが、麺よりはこの「葱花餅」を作る方が多いかもしれません。


e0192461_13542512.jpg

小麦粉の生地にたっぷりのねぎを巻き込で作る北京のおやきです。
パイの様なぱりぱりの食感がクセになります♪

続きで紹介していますので良かったらご覧下さいね。



ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m





以前「大餅(ターピン)」の事を投稿しているのですが、それは具のないバージョン。





今回のは葱入りの「葱花餅(ツォン ホァ ビン)」
私は餃子の皮をそのまま利用するのですが、これのためだけに生地を作る場合は大餅と同じ生地からスタート。



*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
■葱花餅
薄力粉:150g
湯:70cc
刻んだ葱:適量

1.薄力粉に湯を回しかけ菜箸で馴染ませ生地をまとめ、手で捏ねて生地が滑らかになったら1時間ほど寝かせてから使用。
2.皮を延ばし油を塗って生地を折りたたみます。
3.2に刻んだ葱を広げます。

e0192461_14002837.jpg
もっと生地全体に葱は広げます♪

4.手前からクルクルと葱ごと生地を巻いて棒状にしたら、さらに渦巻き状に巻いていきます。
5.4を好みの厚みに伸して、油を敷いたフライパンでこんがり焼いたら出来上がりです。
e0192461_14390603.jpg


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


さて…これは工程写真が無いと作った事がなければ何をやっているのかかなり意味不明なものなのですが、どうもコナモノをあれこれやっている時は、カメラを片手にと言うのは難しいもので。
機会があれば工程写真もと思いますが、とにもかくにもお手軽に作れるのでお気に入りだったりします。

e0192461_14032223.jpg

香醋をベースにしたタレで頂くのが好みですが、軽く塩だけでも美味しいです♪

今年は中華麺と韓国麺の自家製に励んでみたいなぁと…ちょっとよぎっております。
先日、餃子の皮を麺化してちょっと火が点いた感じになりまして。

e0192461_14052276.jpg
作ると「もっとこうしたいああしたい」と欲求は高くなりますし、何よりも粉の配合をあれこれ考えるのが楽しいです♪
写真は蕎麦粉を加えて作った餃子の皮からのアレンジなんですが、中華麺に仕上げるならもっとコシが欲しいとか、スープはどんな風に合わせようかとか。
楽しみが尽きません。

の前に、6月末にテストがあったりするので、気分転換兼ねて点心や麺を楽しめたらなぁと思います。


それではまた!





ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)mこちらもよろしくお願いしますm(_ _)m にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村




トラックバックURL : https://yuripom.exblog.jp/tb/27286892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yuri-pom | 2018-05-21 14:07 | 麺類・粉物 | Trackback | Comments(0)