人気ブログランキング |

薬膳料理と酒肴のレシピブログ~ゆりぽむの今宵も酔い宵。

国際中医薬膳師&利酒師が綴るレシピ数1000以上の薬膳的酒肴ブログです。

チキンマサラカレーと、湯取り法のバスマティ米炊きでスパイシーターメリックライス。

先週末の休日の昼食に「海南鶏飯」を作ったのですが、その際にジャスミンライスを「湯だし炊き(湯取り法)」と言う方法で炊いてみました。(詳しくはこちらをご覧下さい→

次回はグリーンカレーを作って、またまた湯だし炊きにチャレンジしてみようかなぁなんて事を思っており、本日はグリーンカレーの予定だったのですが…

ココナッツミルクが無い
グリーンカレーペーストも無い


と言うどうしようもないお話で。
ココナッツミルクはパウダーのものを常備していて、グリーンカレーペーストと共にセット化して置いてあった「はず」だったのですが、どうも食べてしまっていた模様…。

と言う事で、グリーンカレーは諦め、いつものチキンマサラカレーを作る事に。
e0192461_13574381.jpg

そしてまたまた湯だし炊きにチャレンジ♪
今回は色々なスパイスとターメリックを加えて、ターメリックライスに仕上げました。

前回は、やや柔らかめに仕上がったのですが、今回はわりとパラ感が良い具合に仕上がりました。
続きで紹介していますので、良かったらご覧下さいませ。



ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m







前回はジャスミンライスを使ったのですが、今回は同じ香り米で「バスマティライス」と言うお米です。
ジャスミンライスもバスマティ米も、長粒種のインディカ種とよばれるお米で、細長くて粘りけの少ないさらりとしたお米です。

スパイスを色々扱う様になってから、わが家のカレーは、ルーを使わなくなりスパイスだけで作る様になったのですが、この作り方になると添えるご飯も、インディカ米が良いなぁと思う様になりました。
毎回インディカ米ではないですが、暑くなってくるとこのさらりとしたインディカ米が食べたくなってきます。

海南鶏飯の時の記事内容と被りますが、炊き方の種類は大きく3種類に分かれています。

[その1] 日本のお米と同じ様にふっくら炊く
 →浸水後、タイ米1:水1.3の冷水をセットして普通に炊く

[その2] タイ米本来のパラ感、パサ感を引き立たせる
 →鍋に水を入れ沸騰させた所に洗米したタイ米を鍋に入れ一気に炊きあげる。
  (水の量はタイ米1:水1.3の割合)

[その3] 湯だしで好みの硬さに炊く(湯取り法)
 →沸騰した湯に米を入れて茹で、好みの硬さになったらお湯を捨てて蒸らして出来上がり。

この中の3番目の「湯だしで炊く」と言う方法に前回初チャレンジしました。
今回も同様の炊き方をしてみました。
チキンマサラカレーと合わせると言う事で、スパイスとターメリックを使ったターメリックライスにしました。

■バスマティでスパイシーターメリックライス
<材料> 1合分

バスマティライス(インディカ米):1合
水:たっぷり(米の4~5倍)

(スパイス)
シナモンスティック:1/4本
クローブ:3粒
ターメリック:小さじ1
ローレル:1/2、青
クミン:小さじ1/2

バター:小さじ1
塩:少々

1.米は洗ってザルに上げ水気を切っておきます。
2.鍋で湯を沸かし、シナモン、クローブ、ローレルを入れます。
3.クミンはオリーブオイルで炒めて香りを出します。
4.2の鍋にターメリックを加え、1の米を入れます。
e0192461_14182287.jpg

5.4に3のクミン、バター、塩少々を加えて、米を茹でます。
e0192461_14184865.jpg

6.好みの硬さになったらザルに上げ水気を切ります。(今回6分程度茹でています)
e0192461_14193322.jpg

7.6を鍋にもどし、蓋をして10~20秒程度強火にかけ水分を飛ばします。
e0192461_14202714.jpg

8.そのまま10分程度蒸らします。
e0192461_14204312.jpg

9.好みのカレーなどを添えて出来上がり。
e0192461_14265064.jpg

今回はチキンマサラカレーを添えています。

前回と今回の炊き方では違いがあるのですが、それが仕上がりに影響しているなと思いました。
何かと言うと、6の工程のザルに上げる際、前回は完全にザルに上げて水切りしていないんです。
鍋にお米を残し、ほどほどに水分を持たせた状態にし、その残った水分を利用してさらに追い炊き的な形になったのですが、この部分が「やや柔らかい仕上がり」に繋がったと思います。

これは好みの問題なので、この出来が良いか悪いかは別として、もう少し固めでパラ感のある方が好みと言う事もあって、今回は完全に水切りしてみました。
結果的には今回の方法がわが家には向いているかな?といった感じです。

湯だし炊きは、お湯を流してしまうので(実はこのお湯は重湯として飲んだりします)、香りも流れてしまうという点があります。
香りの高いお米を使う時は、この炊き方よりも、2番の炊き方の方が向いているかなと思います。
が、通常のインディカ米を使う場合だと、湯だし炊き(湯取り方式)の方が、アクも抜けて美味しくなるとの事。
お米の種類でどちらを使うか選択すると良いかもですね。
次回はグリーンカレーペーストとココナッツミルクを用意して、ジャスミンライスで2番の炊き方をしてみたいと思います。

こういう炊き方があると知ってやりはじめましたが、炊き方のタイミングなどを掴む為、雑穀を入れずに前回も今回も炊いてみました。
わが家で雑穀が入らなかったご飯って、かなり珍しいというか皆無に等しいので、前回と今回のご飯は、とてもとても珍しい「雑穀無し」のご飯になりました。
その分、スパイスを入れたちょっと贅沢なご飯にしてみました^-^
次回は雑穀入れよっと♪


【関連記事・レシピ】
海南鶏飯とジャスミンライス「湯だし」炊き、そして塩レモンのソース


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m



こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

トラックバックURL : https://yuripom.exblog.jp/tb/20393397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆぽたん at 2013-10-03 17:19 x
おいしそうっ!(*~*)   炊き方って、こうゆう炊き方なんですね!つくってみます♪
by yuri-pom | 2013-04-28 14:31 | ご飯類 | Trackback | Comments(1)