薬膳な酒肴ブログ~ゆりぽむの今宵も酔い宵。

国際中医薬膳師&利酒師の綴る日々の薬膳的酒肴ブログです。

ビストロで合わせ技。

現在モニターをさせて頂いている、パナソニックのオーブンレンジ「ビストロ」を使った料理です。
レシピ本がついており、ここに多数のビストロの特徴を活かしたレシピが掲載されています。

これまで「オーブンレンジ」なるものを使った事が無いので、多機能ぶりに驚いておりますが、中でも「すごいなぁ」と思ったのが「合わせ技」なる使い方。

これは上段でグリル料理をしながら、下段で煮物を作るとかご飯を炊くとか。
同時に2品作ると言うものです。

同時に2品って何だかすごい!

と言う事で、レシピ本の中から合わせ技を使って体験してみました。

e0192461_176682.jpg


作った内容に関してブログでの掲載許可を頂いたので、これでようやくこちらにアップする事が出来ます♪



合わせ技で作ったものは、その名も

ビアから揚げ!

レシピ本でその名前を見た時から「最初に合わせ技で作るのはアナタよ♪」と決めていました。
豚バラ肉を使ったソーセージです。
レシピ本の内容を載せても構わないとこちらも許可を頂いたので、ビアから揚げのレシピを載せますね。
良かったら試してみて下さい^-^


e0192461_1734542.jpg


■ビアから揚げ
<材料> 4人分
豚バラ薄切り肉:400g
合わせ調味料:適量

強力粉:適量
(最後にまぶします)

(合わせ調味料)
おろしニンニク:小2
一味唐辛子:小1/2
パセリみじん切り:大2
乾燥オレガノ(またはローズマリー):小1/2
レモン汁:小1
オリーブオイル:大2
塩、胡椒:少々

1.合わせ調味料の材料を全て合わせておきます。
2.豚バラ肉を少しずつずらして並べ、合わせ調味料を全体に乗せていきます。
e0192461_16513916.jpg

3.手前から巻いていき棒状にしラップできっちり包みます。

4.ラップをしたまま一口大に切ってからラップを外します。
5.強力粉をまぶします。
e0192461_1714394.jpg


仕込みはここまでです。
後はレンジのから揚げモードを利用します。

※ラップで包んだ後は冷蔵庫でお肉を馴染ませた方が切りやすいです。

今回は合わせ技と言う事で、ジャガイモとキノコをコンソメスープで煮た洋風煮物をセットにしています。
e0192461_1754723.jpg

こちらはキノコとじゃがいもをレンジで3分ほど加熱した後に、水と固形スープを入れて合わせ技で調理すると言うもの。
e0192461_1752762.jpg


熱々料理が放置プレイで2品出来ちゃうって、やっぱりすごい。
我が家の酒盛りスタイルがちょっと変わってきそうな予感。


ビアから揚げはハーブの種類を変えたり、カイエンヌペッパーなどをプラスしてチョリソ風や、ヨーグルトやカレー粉を使ってタンドリー風など、これは色々楽しめそうです。
豚肉を牛肉やラム肉に変えても良さそうだし。
この夏のおつまみにちょこちょこ登場しそうです^-^





ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m



こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

トラックバックURL : https://yuripom.exblog.jp/tb/14907448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by garako at 2011-06-07 10:45 x
ビアから揚げ、これはとってもいいですね~♪

いいなぁ~、ヘルシオの「から揚げモード」!って思って、でも、
もしかして…と思って先日買ったオーブンレンジの説明書を読んでみたら

「カラッと調理」というメニューを発見。これは、もしや、作れる?
そして我が家には、カイエンペパーがありまするっ♪
Commented by yuri-pom at 2011-06-07 11:47
〒garakoさん
これちょっと癖になる味&食感です。
グリルで焼くから余分な脂も落ちて、食感も良くなっていまして^-^

巻物なのでアレンジが自在なのも良いなぁと思います。
チーズinで作ると、またまたお酒が進みそうですよ。
バラ肉は脂が多いのでちょっと躊躇う所があったんですが、脂がきっちり落ちるので大丈夫かなと思いました。
むしろこれってバラ肉で作らないと、この風味は出ないだろうなぁと思いました。
ぜひぜひ作ってみて下さい~!
by yuri-pom | 2011-06-07 00:08 | 肉料理 | Trackback | Comments(2)

by 薬膳師ゆりぽむ