野菜料理

京都のおばんざい 畑菜の辛子和え。

2月12日の本日は、初午(はつうま)でございます。

初午と言うのは2月最初の午の日で、711年に京都の伏見稲荷大社に祀られている、五穀をつかさどる農業神の宇迦之御魂(うかのみたま)が、初午の日に伊奈利山(いなりやま・京都市東山連峰)へ降臨された日といわれており、降臨された日に「初午祭(はつうまさい)」が催され、伏見稲荷大社に初午詣をする様になった事から、後に五穀豊穣を願う祭事になり、商家が商売繁盛を願う祭事を行う日となったそうです。

全国各地の稲荷神社では豊作や商売繁盛、開運などを祈願し、稲荷神に油揚げやお団子を御供えする他、行事食としては、いなり寿司を食したり、京都では「畑菜の辛子和え」を食べる風習があるそうです。



e0192461_20434191.jpg

畑菜はアブラナの一種で京都では採油向けに古くから栽培されてきた在来種のアブラナが食用に改良され、春先の若菜として食されるようになりました。
京都の伝統野菜の1つとして認定されています。

続きでレシピと共に紹介しておりますので、良かったらご覧下さいね。



ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m





2012年より、京都大学大学院にて行われております「おばんざい研究会」と文化研究会に参加しておりまして、運営委員の1人としてもお手伝いさせて頂いております。
会では京都のおばんざいについての定義付けや調査、研究などを行ってきており、3年前からはおばんざいの実際、として京都の色々な地域の皆さまにも参加して頂いて、おばんざいの展示等も行う様になりました。

昨日はそんな研究会の第7回目のシンポジウムがあり、様々なおばんざいに触れる事が出来ました。
持ち寄られたおばんざいはこんな感じです。

e0192461_20511903.jpg

写真はほんの一部ですが、50種類近くのおばんざい達が並んで圧巻でした。


そしてその中で「明日は初午なので」と、畑菜の辛子和えをご提供下さった方から畑菜を頂きまして。

e0192461_20531952.jpg
折角なので初午の本日に…と、辛子和えを作りました。
お稲荷さんにちなんで、油揚げが入る事も初午ならではだと思います。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


■畑菜の辛子和え
<材料>
畑菜:1束
薄揚げ:1枚

(調味料)
醤油
砂糖
辛子
白胡麻

1.畑菜はさっと塩茹でをし、薄揚げはグリルなどで炙って短冊に切っておきます。
2.調味料を合わせて好みの味に調整し、1と合わせて出来上がり。

ちなみに私は醤油は、自家製の出汁醤油を使っており、昆布と鰹が少し効いたお醤油です。
めんつゆなど好みのつゆに辛子と白胡麻を合わせるのも良いと思いますよ。

畑菜はなかなか手に入らないので、水菜やしろ菜、これからだと菜の花などお好みの野菜でも勿論OKですよ。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*






畑菜は京都のお隣の大阪でもなかなかお目にかかる事がないのですが、最近では畑菜を作られている農家さんも減ってきていると仰っておりました。

ちなみに下の写真は、畑菜を作られている方が実際に作られた辛子和え。
撮影は私が行いました(^^)

e0192461_21090101.jpg
絶品でございました…!


こういった行事食もそうですが、京都に限らずどの地域にもその土地の行事食や郷土料理などは存在しているものの、なかなか次の世代次の世代へ…と伝わっていかなくなっているのが現実なんですよね。
伝統を守っていく事の大変さ難しさを感じた昨日の研究会でした。

さて…初午の畑菜の辛子和えも頂いた事だし、今年も良い年になりますね(^^)





日々の徒然ブログも更新いたしました。
おうちパワスポ化も着々と進んでおりましてよ♥
この春は小さい木を植えたいなぁ、なんて事を思う今日この頃です。





ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)mこちらもよろしくお願いしますm(_ _)m にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村





トラックバックURL : http://yuripom.exblog.jp/tb/25351516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yuri-pom | 2017-02-12 21:13 | 野菜料理 | Trackback | Comments(0)

国際中医薬膳師&利酒師の綴る日々の薬膳的酒肴ブログです。


by 薬膳師ゆりぽむ