薬膳な酒肴ブログ~ゆりぽむの今宵も酔い宵。

国際中医薬膳師&利酒師の綴る日々の薬膳的酒肴ブログです。

サヤのおだしで炊く、うすいえんどう豆ご飯と具沢山のお味噌汁。

今年はいつもに比べて「うすいえんどう豆」のご飯を良く食べている様な気がします。
うすいえんどう豆のご飯は、節分が終わった頃からわが家の食卓の登場し、いつもならGW終わり頃で、「そろそろ豆ご飯も終わりねぇ」なんて言っているのですが、つい先日も豆ご飯を食べた所で、そして冷蔵庫にも買って来たばかりの「うすいえんどう豆」が入っています。
e0192461_10562673.jpg

色々な炊き方がありますが、わが家ではさやから取ったおだし(茹で汁)を使った炊き方をしています。
多分関西圏はこの炊き方をするお宅が多いんじゃないかなと思います。

続きでも紹介していますので、良かったらご覧下さいませ^-^

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m






毎回豆ご飯の話になると書いているのですが、関西で「豆ご飯」と言う時には「うすいえんどう」が使われる事が多い様です。
「様です」と言うのは、このお豆さんは全国区のものだと思っていたので、どこにでもあるものだと信じて疑わなかったんです。
ある時これは主に関西で食べられているお豆だと言う事を知って驚いた事がありました。

うすいえんどうは、見た目もグリンピースと同じで、種類も「実えんどう」の仲間同士なんですが、甘味があり、ほくほくとした食感が特徴です。
グリンピースと同様、さやから出して実を加熱して食べます。

サヤのお出汁と言うのはこんな感じで取ります。
e0192461_1195324.jpg

豆を出した後のサヤをくたっとするまで煮て、そのだし(茹で汁)を使って炊くんです。
甘さと何よりも香りが出るので、これを使った豆ご飯は最高なんです♪

急に思い立って「豆ご飯!」と言う時は、こんな風にご飯を炊く時にサヤを一緒に入れる事も。
e0192461_11154751.jpg


また、お豆さんは塩茹でしておいたものを後から加える事で、綺麗な緑色に仕上がります。
e0192461_11165720.jpg


結構好みで作るのが、茹でたお豆さんを半量刻んで炊きあがったご飯に混ぜたもの。
e0192461_11173377.jpg

しっかりと豆の味がするのでお気に入りです♪

そして今年は、豆を後入れではなく一緒に炊くパターンが多かったです。
サヤのお出汁を使っているので、結構しっかり目の風味が付きますが、やはり豆を一緒に入れて炊くと、風味もアップしますね^-^
e0192461_11195022.jpg

豆の色も鮮やかなグリーンから、ややトーンダウンした色になりますが、これもまた趣のある素敵な色だなぁと思います。こちらも捨てがたい色合いですね^-^

わが家の豆ご飯は昆布は入れず、塩も炊く時には入れずに炊くので至ってシンプル。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

■うすいえんどう豆ご飯
<材料> 1.5合

米(雑穀と合わせて):1.5合
サヤからとったお出汁と水を合わせて:米と同量程度
豆(サヤから出したもの):2/3カップ程度

1.米と水を合わせて吸水させておきます。
2.1に豆を加えていつも通りに炊きます。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


炊きこみご飯などもそうなのですが、炊く時点でしっかり味が付くようにしようと思うと、結構な量の塩を入れる事になります。
炊きあがってから塩をパラリをふって、米の周囲に塩を纏わせる程度の方が少量で味を感じる事が出来るので、炊く時には塩分を加えず、炊きあがってから加えたり、或いはおかずと合わせて食べる様にしています。

雑穀も入れているのですが、豆ご飯の時は色があまり付かないタイプのものを…と言う事で、赤米や黒米を入れない事が殆どです。
写真は、ひきわりはと麦、ひきわりトウキビ、もちきびなどを入れています。
どれも利水作用があり、むくみにも良いと言われているもので、この季節によく使う組み合わせになっています。

この日のご飯に添えた汁物は、それぞれ別々に水出ししておいた真昆布と煮干しのお出汁を合わせたお味噌汁です。
e0192461_11235296.jpg

野菜が数種類と切り干し大根、おからなどが入ったわが家の「食べるお味噌汁」です。
e0192461_1127126.jpg

おからは「おからパウダー」を利用しています^-^
具沢山にするメリットの1つには、味噌汁の量が少なくてすむのでこちらも減塩に繋がると言う点があります。
冬の間は酒粕も入るのですが、さすがにこの季節になってきたら酒粕は温まりすぎるので抜いています。
暑くなってくると、つめたく冷やしたお味噌汁も登場するのですが、それはまた別途アップしたいと思います^-^


【関連記事・レシピ】
食卓の春、うすいえんどう豆のご飯
朝のパワーフード、具沢山の酒粕入りお味噌汁
わが家の雑穀ご飯「ご飯サプリメント」


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m



こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

トラックバックURL : http://yuripom.exblog.jp/tb/20552841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ivrogne at 2013-05-26 12:04
うすいえんどう、うちの近所のスーパーでは「京野菜」という棚にあります。お豆ごはん、おいしそう。先日ネットで注文してしまったので、届いたらぜひさやでおだしとって炊いてみまっす。

↓のトマトも好調なようで、なによりです!
Commented by yuri-pom at 2013-05-26 17:04
〒ivrogneさん
こんにちは~!
うすいえんどう、京野菜の棚にあるんですね!
ぜひぜひサヤのおだしで炊いてみて下さい♪♪

トマト、すくすくと育っていて毎日見ていて飽きません^-^
すっかりベランダ菜園の虜になっておりますよ~!
by yuri-pom | 2013-05-26 11:43 | ご飯類 | Trackback | Comments(2)