薬膳な酒肴ブログ~ゆりぽむの今宵も酔い宵。

国際中医薬膳師&利酒師の綴る日々の薬膳的酒肴ブログです。

お坊さんが気絶する!?パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ。(坊さんの気絶)

中国の料理に「佛跳牆」と言うスープがあり、乾物メインで作られており、名前の由来は
「あまりの美味しそうな香りに修行僧ですらお寺の塀を飛び越えて来る」
と言うほど、美味しいスープなのだそう。

このスープの名前などは漫画の「美味しんぼ」に載っていたのを見て、随分前に知ったのですが、当時はどんなスープなのかと思いを巡らせたものです。
(佛跳牆の詳しい解説はwikiにも載っていますので良かったらご覧下さい→wiki解説

そんな「坊さんシリーズ」が何とトルコ料理にもあるんです。
それがタイトルの「パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ」

パトゥルジャン=なす
イマム=僧
バユルドゥ=気絶した


なのだそうですよ。
高僧がこの匂いをかいだだけで、あまりに美味しそうなものだから気絶しちゃったとか。
中国のお坊さんは塀を跳び越えてまでやってくる程積極的なのに、こちらのお坊さんときたら…

…どんだけ弱いねん…

と呟きつつ作りました。

と言う事で、先日からの続きでトルコ料理です。
パトゥルジャン・イマム・バユルドゥと言う、茄子にトマトなどの詰め物をして、さらに蒸し煮にすると言うちょっと手間のかかる料理です。
e0192461_1101739.jpg

続きで作り方を紹介していますので良かったらご覧下さい。



今日のこのお料理は、かなり前に料理番組で紹介されていたのを見て1度作った事がありました。
その時のはトルコ料理として紹介されておらず、多分創作系の料理って感じで私も捉えていたと思います。
和風になってた気がしないでもないですが、今回はトルコ風に作ってみました。

インゲンのオリーブオイル煮を作りながら、これも一緒に作っていました。
材料がかぶるので、トマト1個をインゲンとこれとで分けて使いました。

■パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ
<材料> 2人分

茄子:2本
トマト:1/2個(大きさによって調整)
玉ねぎ:1/4個(大きさによって調整)
ニンニク:1/2片
塩:少々
砂糖:ひとつまみ弱(コクを出すのに使います)
レッドペッパー:少々(お好みで)
水:100cc(鍋の大きさにより調整)
レモン果汁:少々
イタリアンパセリ:適量

1.茄子はピーラーでストライプ状に皮を剥き、塩水にさらしてアク抜きをしておきます。
2.トマトは角切りにしザルに入れ塩を少し振って置いておきます。
  (水分を抜いてコクを出すため、時間があれば軽く干すかレンジで水分を飛ばす良いです。)
3.玉ねぎは粗みじん切りにしておきます。
4.フライパンにオリーブオイル少々を入れ、茄子を入れて蓋をして茄子に火を通します。
e0192461_1112063.jpg

 (柔らかくなるまで弱火でゆっくりじっくり)
5.別のフライパンでニンニクのみじん切りを炒めます。
6.香りが出て来たら玉ねぎを炒め、透き通ってきたらトマトを入れ炒めます。
e0192461_11125945.jpg

7.塩、砂糖を加えトマトが潰れてペースト状になったら詰め物の出来上がりです。
8.茄子を縦に裂き、7のペーストを詰めます。
9.鍋に8の茄子を入れ、水を入れ、塩とレモン果汁を加え蓋をして蒸し煮にします。
e0192461_11163435.jpg

※この時に使用しているのはインゲンの料理が終わった後の鍋で、鍋をそのまま使いました。
 トマトや玉ねぎの旨味が残っているので良い具合に茄子に旨味が入りました^-^
 蒸し煮にする時間は20~30分ぐらい、こちらも弱火でじっくりと。
 茄子がトロトロになるぐらいまで蒸し煮にしていきます。 

10.出来上がったら粗熱を取って冷蔵庫で冷やします。
e0192461_1119455.jpg


仕上げにイタリアンパセリを振って出来上がりです。
e0192461_11214890.jpg


玉ねぎとトマト、茄子の組み合わせなので、ラタトゥイユ風な感じですが、茄子は丸ごと使うので見た目にも良い前菜になります。
レシピに未記載ですが、トマトソースやラタトゥイユを作る時にドライトマトをコク出しに使うので、今回の詰め物の方に少量ですが入れています。(1/4個分より少な目程度

カレーパウダーをプラスで、カレー風味にしたりクミンをプラスなども良いと思います。
レッドペパーを使っていますが、辛味はお好みなので無くても大丈夫です。
ニンニクも好みで使うと良いかなと思います。
手元の本やネットレシピを見てもどれも同じ作り方なのですが、シンプルな材料と調理法なので、アレンジ自在ですしオリジナリティも出しやすいと思います。
和風に仕上げてしまう事も出来ますから良いですよね。

作り置きしておくとちょっと幸せになれそうな、夏の前菜かなと思います。
冷製パスタを添えたりすると良い感じかも。


【関連記事】
ルクルーゼでインゲンのヘルシーオリーブオイル煮
二夜連続のトルコ料理
おうちでトルコ料理の夜
大阪でトルコ料理の夜
名古屋でトルコ料理な夜~前編
名古屋でトルコ料理な夜~後編

【本日更新の別ブログ】
 ■お弁当ブログ:ゆりぽむ通信別館~弁当館~

  ・6月6日のお弁当は「自家製冷食で時短弁当」
 ■徒然ブログ:ゆりぽむ通信別館~徒然館~
  ・天体ショーの影響なのかな。

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m



こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

トラックバックURL : http://yuripom.exblog.jp/tb/18125236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ryuji_s1 at 2012-06-07 08:10 x
ゆりぽむさん
パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ
素晴らしいトルコ料理 美味しそうです
レシピ
有り難うございます
うれしいです
by yuri-pom | 2012-06-06 10:54 | 野菜料理 | Trackback | Comments(1)