卵・豆腐・蒟蒻・豆類

3分で出来ちゃう簡単自家製胡麻豆腐。

冷やす時間入れると10分ぐらいになりますが…作るのは3分ほどで出来ちゃいます。

と前置きを入れた上で、胡麻豆腐のお話と作り方です。
e0192461_9462356.jpg


私、胡麻豆腐歴は結構長いんです。
どれだけ長いかっていうと、四半世紀は作ってると思います。
四半世紀と言うと25年ですね。

一体いつから作ってんだって話ですが、胡麻豆腐との関わりもとても長く、物心ついた頃には既に胡麻豆腐を口にし、胡麻豆腐作りのお手伝いもしておりました。
といっても別に胡麻豆腐屋をやっていたとかではありませんが…。

そんな胡麻豆腐ですが、昔はすり鉢で胡麻をごりごりがりがりと擦って使っていました。
お手伝いから昇格し自力で全て作る様になった頃も、やっぱり胡麻は擦ってナンボの世界だったんですね。

なのでこの様なものが登場した時には「こういうものを使ったら負け」とか思ってた何かがあったんですよね…。







練り胡麻ですよ。

e0192461_9492089.jpg


あれですよ。

胡麻は擦るのも良いけれど、

人に擦って貰うのも良いものです。

と言う事で、ここ数年は練り胡麻を使って楽させて貰っています。
胡麻ペースト及び普段使いの胡麻は、全部「大村屋」と言う胡麻屋さんのものを使っています。

そしてこの度、さらに楽を覚えてしまいました。わたくし…。


胡麻豆腐って練り上げるのが結構大変なんです。
特にこの様なモノを食べたい時って、季節的に初夏~夏あたりの需要が高いです。
となると、作り手は暑さとの戦いとなってしまって、そうそう作る気になれないんです。
なので作っても1シーズンに1~2度というとても少ない回数になっておりました。

が、この度電子レンジで胡麻豆腐を作る事をやってみまして。
色々試行錯誤の上、手で練り上げたものと変わらない状態で仕上げられる様になったので、ご紹介したいと思います。

いやもう本当に便利です。

e0192461_9514567.jpg


火にかけて練り上げる時も、レンジの時もポイントは同じなんですが、まずは材料から。


【胡麻豆腐】
<材料> (小さめ)4つ分
・胡麻ペースト:大さじ2
・くず粉(出来れば本葛):大さじ2
・昆布出汁:210cc

ここで覚えて頂きたいのは、分量ではなく比率です。
この比率を覚えておけば大丈夫です。

胡麻1:葛1:出汁7

です。
これはレンジ以前から私が作る胡麻豆腐はずーっとこの比率でやっています。

材料の中の「昆布出汁」ですが、水に昆布を付けておいたものを使うか、あとお勧めなのは昆布茶を水で溶いただけのもの。
210ccに対して、昆布茶についてくる小さなスプーン半分ぐらい。
小さじ1/4ぐらいでしょうか。
あまり入れすぎると胡麻の風味が弱くなるので注意です。

作り方は至って簡単です。
なんせレンジがやってくれるので。

■作り方
1.胡麻ペースを入れ、昆布出汁を少しずつ注ぎながら滑らかにしていきます。
2.くず粉を加え溶かします。
3.ザルなどで漉します
e0192461_9542896.jpg

※漉す作業をしないと口当たりが悪くなるのでこれは必ず!

ここまでの作業はレンジで作る時も火にかけて作る時も同じです。

4.蓋(またはラップをして)600Wで1分加熱します。
e0192461_95737100.jpg

所々固まってきているので、泡立て器などで混ぜて滑らかにします。

5.蓋(またはラップをして)600Wで1分加熱します。
6.泡立て器で混ぜて滑らかにするとこんなぐらいになっています。
e0192461_9583689.jpg


これでほぼ出来上がりなんですが、最後にもう1度だけレンジに入れます。

7.蓋を外して600Wで30秒加熱後、滑らかになるまで混ぜる。


これで後は冷やし固めるだけです。
実はこの最後の工程が最重要なんです。
火で加熱する時は、ひたすら木べらなどでもったりするまで焦がさない様に練って練って練り上げるんですが、くず粉の粉っぽさを飛ばすために、最後は火をちょっと強くして練り上げるんですね。
これをやる事でぐんと美味しくなるんですが、これと同じ作業が7の工程の「蓋を外して」なんです。

後は冷やし固めるだけなんですが、これも時短&胡麻豆腐を美味しく食べる為の方法があります。
型に入れて冷やし固めるのでも悪くはないんですが、時間がかかる上に、切り分けるのも大変なんです。

何よりも、葛は「冷蔵庫で冷やすと固まりすぎる」(食感が落ちる)と言うのがあるので、出来れば氷水などで冷やす方が美味しいんですね。
となると、こんな風に作るのが早く冷えるし食感を損なわないんです。

ラップで茶巾にしちゃいます。
e0192461_1035254.jpg

これで約大さじ2杯程度の胡麻豆腐を入れています。
後は輪ゴムなどで括ってボウルに氷水で冷やすだけです。
食べる時は山葵醤油を使うのが好みです♪

出来れば食べきり分で作って冷蔵庫に入れないのがお勧めなんですが、冷蔵庫に入れた場合はぶりんぶりんになってしまって食感が良くないので、しばらく室温に置いてから食べるか、私のお勧めは天ぷらです。
ゆっくり揚げてると当然崩れてしまうので衣をつけたら高温でさっと揚げる感じです。
アイスクリームの天ぷらのごとく。

…でも結構難しいので、お吸い物に使う事が多かったりします^-^


と長々胡麻豆腐について語りも入れてしまいましたが、まとめておきます。

1.材料を混ぜてザルで漉す。
2.蓋をして600wのレンジで1分加熱後、滑らかになるまで混ぜる。
3.蓋をして600wのレンジで1分加熱、再度滑らかになるまで混ぜる。
4.蓋をはずして600Wのレンジで30秒加熱、滑らかになるまで混ぜる。
5.ラップで茶巾にして氷水で冷やし固める。

とこの様な具合です。
4の工程までは2分半、準備を入れても3分ちょっとあれば充分かと思います。
500Wや仕上げを800Wで短時間とか色々試しましたが、この作り方が一番安定していました。
500Wだと時間がかかるだけになりました^^;

レンジ胡麻豆腐を覚えたこの夏、とっても楽なのでかなりの頻度で胡麻豆腐を食べています。
実はこの記事そのものは6月に書いておりまして、色々事情があって今の今までアップ出来ずにいました。
もう少し暑くなる前にこの作り方をご紹介したかったんですが、まだまだ暑い日は続きますし、この夏簡単胡麻豆腐は如何ですか?
黒胡麻ペーストで黒胡麻豆腐なんて言うのも良いですよ。

これは白胡麻、黒胡麻を使って2段にした「鯨豆腐」(鯨の皮に見立てた豆腐)と言うものです。
この写真、かれこれ10年以上前のものなんですが、当時は胡麻は擦って鍋で練って…と作っていたので、これを作るのも一苦労でした。
e0192461_1223766.jpg

レンジなら少量で作れるので、これも近いうちにまた作ろうと思います^^


【関連レシピ】
3分で出来ちゃう自家製枝豆豆腐



ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m



こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

トラックバックURL : http://yuripom.exblog.jp/tb/15265487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yuri-pom | 2011-08-12 10:16 | 卵・豆腐・蒟蒻・豆類 | Trackback | Comments(0)

国際中医薬膳師&利酒師の綴る日々の薬膳的酒肴ブログです。


by 薬膳師ゆりぽむ