野菜料理

「騙されて下さい」な偽蒲焼き(鰻の蒲焼きもどき)の作り方です。

と言う事で、昨日の偽蒲焼きのレシピです。

e0192461_15535070.jpg


結構簡単に作れるので色々な味で楽しめちゃいます。
美肌効果が高いと言われる山芋に、今回は蓮根も入れてビタミン強化しています♪





■偽蒲焼き

【材料】 偽蒲6枚分

木綿豆腐(ソフト木綿あたりが良い感じ):200g
山芋:100g
蓮根:80g
片栗粉:小1.5
おから:大さじ1
(※乾燥おからを使用しています、生を使う場合は大さじ2杯程度~好みで加減して下さい)
みりん:小1
昆布茶:ひとつまみ
蒲焼きのタレ:小1

分量を記載していますが、豆腐と山芋が同量程度と覚えておけば楽だと思います。
昆布茶や味醂は風味アップになるので入れています。
割と大ざっぱに種は作れるので、好きな配合で大丈夫です♪


1.木綿豆腐は手で崩して耐熱容器に入れ、ラップをせずにレンジで5分加熱し、ペーパーを敷いたザルにあけて水を切っておきます。

e0192461_15585371.jpg


2.山芋、蓮根をすりおろします。(蓮根は皮ごとすりおろし汁ごと使います。)
3.材料を全てすり鉢に入れ滑らかになるまで混ぜ合わせ、蒲焼きの種の出来上がりです。
  (ハンディミキサーやフードプロセッサーを使って混ぜ合わせると楽です♪)

4.天板にクッキングシートを敷き、海苔を並べます。
e0192461_162560.jpg

※海苔はざらざらした側を上にしています。

5.蒲焼きの種を海苔の上に乗せます。
e0192461_162572.jpg


6.爪楊枝で筋を入れます。
e0192461_1641297.jpg


7.200度のオーブンで10分程度加熱
e0192461_1643126.jpg


8.タレを絡めて出来上がり。
e0192461_165275.jpg



蓮根やおからを今回入れていますが、豆腐と山芋を同量で作っても構いません(本来はそっちになります)。
この偽蒲焼きは油で揚げて作ったり、フライパンで焼いたりする方法もあります。
今回はヘルシー仕様にしているのでオーブン焼きでノンオイル状態にしています。

レンジがある今、スチームケースに入れて蒸し焼きと言うのもアリですが、やはり蒲焼きと謳うからには焼かないと、って事でオーブン焼きにしています。
オーブンで焼いた後、グリルやフライパンで焼き目を付けるとさらにそれっぽくなってきます。

また、それっぽい味にする為に、種に蒲焼きのタレを混ぜ込んでいるんですが、タレは

鰻屋さんでタレを買う

と、良い具合なんです。
と言うのも、鰻屋さんのタレは鰻の骨などを入れて風味をタレに移してある事が殆どなので、タレそのものが何気に鰻風味だったりします。
タレを自作する時も、鰻の頭や骨があればそれを入れて煮詰めていくと美味しいんですが、なかなか鰻の骨やら頭やらって用意出来ないので、もっぱら鰻屋さんに頼るばかりとなっています。

タレを自作する時は、私の好みは味醂と醤油を同量で、砂糖は味醂の1/3量ぐらい。ここにお酒も入ってきます。
骨があれば一緒に入れて煮詰めていきます♪

今回は蒲焼きバージョンですが、蒲焼きのタレを使わず

焼肉のタレを使って焼肉風味

と言うのも美味しいですし、カレー粉を入れてカレー風味にしたものをカレー餡かけ丼にしたり、ひじきや人参などを足して揚げたり、蓮根を抜いて山芋と豆腐でがんもどきにしても。

元が癖の無いものなので色々な味や使い方が出来て便利です。
ダイエッターの良い味方となっています^-^

また蓮根は花粉症対策にも良いとされているのですが、水にさらしてしまうと成分が抜けてしまうのでダメなんだそうです。
また皮の部分に成分が多く含まれているので皮ごと使うのが理想的なのだとか。
皮ごとすりおろし汁ごと全部使っているの偽蒲焼きや蓮根団子は花粉症の強い味方になりそうです。


ハナ女子大学×レシピブログのエコレシピコンテスト参加中!




鰻重もどきに使っているご飯は、雑穀入りはもちろんなんですがここにもタレを少量入れて炊いています。
調理場に鰻重(こちらは本物^^; )の手順を載せていますので、良かったらご覧下さいませ(*^-^*)

Cpicon ご飯もおいしくなる鰻丼。 by ゆりぽむ



下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m

トラックバックURL : http://yuripom.exblog.jp/tb/13846483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yuri-pom | 2010-12-20 16:24 | 野菜料理 | Trackback | Comments(0)

国際中医薬膳師&利酒師の綴る日々の薬膳的酒肴ブログです。


by 薬膳師ゆりぽむ